FXでは損切りをする事で
自分の資金を守り、
そしてそれが資金の増加へつながります。

いわゆる損切りとは、
守りながら攻めることです。

 

しかし、中には、
損切りが上手くできずに
逆行されても我慢してしまう人が多いです。

その為、大損してしまい、
FXから退場する人も多いです。

 

ただ、損切りをする場合にも、
我慢すべき時とそうでない時があります。

ということで今回は、
この事についてお伝えしていきます。

 

我慢すべき損切りとは?

FXでなかなか結果が出ない人からすると、
“損切り=失敗”
というイメージがあります。

 

その為、エントリー後に逆行されると、
失敗のイメージが強すぎて、

「失敗したくない」
「失敗を認めたくない」

といった気持ちが強くなり、
損切りをせずに放置してしまい、
結局、大損するのです。

 

しかし、”損切りは全てが悪い”
ということは全くなく、
良い損切りも当然あります。

むしろ、損切りをした方が
トータルで見ると
圧倒的にFXで生き残れる確率が高いので、
損切りは良いことなのです。

 

だから、エントリー後逆行されたら
我慢せずに損切りすれば良いのですが、
かといって、
何でもかんでも損切りをしていたら、
損切り貧乏になってしまいます。

 

そこで、損切りを
我慢すべき時になるのですが、
これは根拠の崩れた場所を
抜けない限りは我慢すべきです。

 

例えば、下記チャート画像の
黄色マルで
買いエントリーをしたとしましょう。

 

この場合、正しい損切り位置としては、
以下の水色ライン辺りになります。

 

なぜなら、
赤ラインがサポートになっているので、
その近辺で買った人が多くいるからです。

よって、赤ラインを明確に下抜けると、
赤ライン近辺で買った人達が
全員含み損になってしまうので、
損失を最小限に抑える為に
一斉に損切りをしてきます。

 

そして、損切りが一斉に出ることで、
トレンドが変わって、
大きく下げていく原因になります。

 

ということは、
赤ラインを明確に下抜けるまでは、
仮に逆行されたとしても
そこは損切りを我慢すべきなのです。

 

そうしないと、
逆行されてすぐに損切りしてしまうと、
損切りした場所から反転して
利益を取り逃す可能性が高くなります。

 

我慢してはいけない場合とは?

逆に損切りを我慢せずに
すぐに切った方が良い場合は、
明確なサポレジを抜けた場合です。

 

例えば、下記チャート画像の
黄色マルで
買いエントリーをした場合、
赤ラインを下抜けたら
我慢せずに損切りをすべきです。
(水色ライン辺り)

 

なぜなら、
先程もチラッと説明しましたが、
この場合、上昇トレンドで、
赤ラインが強いサポートになっているので、
この近辺で買った人達が多くいるからです。

 

その為、赤ラインを下抜けると、
多くの人達が含み損になるので、
損失を最小限に抑える為に
一斉に損切りをしてきます。

 

これによって、今度は、
買っていた人達が
売り目線に変わる事に加えて、

「トレンド転換した」

と判断して、
売りを狙っている人達も現れます。

 

よって、今までサポートだったのが、
今度はレジスタンスに変わるので、
売りが入りやすくなります。

いわゆるサポレジ転換です。

 

つまり、赤ラインを下抜ける事は、
サポレジ転換による下落を引き起こす
きっかけになるので、
赤ラインのような強いサポートを抜けた場合は、
我慢せずに損切りをすべきなのです。

 

損切り後の反転が多いとつい我慢してしまう

しかしながら、
損切り後の反転が多いと、

「自分が損切りした時だけ
反転するからここで我慢だ」

なんてことをしがちです。

 

そして、そういう時に限って、
どんどん逆行していき
含み損が大きくなっていくのです。

 

もし、このような事が起きているなら、
一度売買記録を見返して、
損切り後の反転が
どれくらいの確率で起きているのかを
確認すると良いでしょう。

 

仮に損切り後の反転が
あまりにも多かった場合は、
エントリー位置を調整したり、
損切り幅を広げるなどして
手法を改善していくのが良いでしょう。

 

もし、この事について、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
損切り後の反転があまりにも多い場合に見直すべきポイントとは?

 

ただ、そうはいっても、
なんだかんだ言って
損切りを我慢せずにするのが
トータルの結果は
良くなる事が多いんですけどね。

 

しかし、それでも、

「正しい損切りの位置がわからない」

ということもあるでしょう。

 

その時の為に、
損切りを設定する位置についても
記事にしてみたので、
良ければ読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!

 

まとめ

今回は、損切りを我慢すべき時と
そうでない時について
お伝えしてきました。

 

損切りをすると、
単純に資金を失うだけで
何も得る物がないので、
悔しい気持ちが強いですよね。

しかも、損切り後に反転されると、
余計強い怒りを感じます。

 

だから、エントリー後に逆行されると、
つい含み損を我慢して
放置しがちなのですが、
これをやってしまうと、
万が一逆行され続けた時に
取り返しのつかない事になります。

 

ですから、重要なサポレジラインなど
トレンドが変わりそうな場所を抜けたら
我慢せずに損切りをするのが一番です。