「損切り後の反転が多い」
損切り上手になりたい!」

という人は物凄く多いです。

 

むしろ、FXトレーダーからすれば、
全員が損切り上手になりたいと思うでしょう。

私も未だに損切り後に反転する事があるので、
損切り上手になりたいと常に願っています。

 

そんな損切り上手になりたい場合、
損切りトレードを集めると、
実はかなり効果的です。

私もFXで負けまくっている頃に
損切りトレードを集めて分析したところ、
かなり損切りが上手くなりましたから。

 

では、なぜ損切りトレードを集めると、
損切り上手になれるのでしょうか?

その理由を今回はお伝えしていきます。

 

損切りトレードを集めると得られる効果

損切り上手になるには、
損切りトレードを集めると効果的ですが、
その理由として、
自分のトレードの癖がわかるからです

 

例えば、損切りになるという事は、
それなりに理由があるから
損切りになるわけです。

ということは、
損切りトレードを大量に集めて、
どんな時に損切りになりやすいのか?
といった事をチェックしていけば、
おのずと損切りになりやすいパターンが
わかってきますよね。

 

例えば、損切りトレードを見返してみると、
全体の半分以上が、

「損切り後に反転している」

とわかったとしましょう。

 

そしたらそれは、
ストップ狩りに巻き込まれているか、
エントリーが早すぎる証拠です。

その為、損切り幅を広げたり、
エントリーポイントを
損切り位置にずらすなど、
改善方法が色々と出てきますよね。

 

そうすれば、余計な損切りが減っていき、
段々と損切り上手になっていくわけです。

 

損切り上手=損切りをしない事ではない

損切り上手と聞くと、
損切りをしない事だと
感じる人がいるのですが、
そういうわけではありません。

 

自分のトレード手法があって、
ルール通りに損切りできれば、
その時点で損切り上手です。

仮に損切り後に反転していっても、
それがルール通りの損切りなら、
上手い損切りになります。

 

それでも、もし、
損切り後の反転を何とかしたいなら、
上記でお伝えしたように、
損切り後の反転率をチェックして
損切り幅を広げたり、
エントリーをずらしていくのが良いでしょう。

 

ただ、このような施策を取ったとしても、
損切り後の反転を全て回避する事は不可能です。

 

このような場合、
次に取る施策としては
エントリーのし直しになります。

 

例えば、損切り後に反転した
トレード記録だけを集めて
チェックするわけです。

 

これによって、
反転後の癖を探していき、

「どこで再エントリーすると
上手くいきやすいのか?」

といった事を考えていくのです。

 

こうすることで、
損切り後に反転したとしても、
利食いトレードをすることができて
損失を取り返せるようになります。

まぁ、それでも、
損切り後の反転は
100%防げるものではないので、
これを含めてトータルでプラスになるなら、
それで十分と考えた方が良いです。

 

むしろ、一番の上手い損切りは、
自分のルールに沿った損切りですからね。

 

損切り下手でもFXで稼ぐ事はできる

「損切りが上手くなりたい」

という気持ちは痛いほどわかりますが、
FXでは損切りが下手でも
リスクリワードが良ければ稼ぐ事はできます。

 

例えば、勝率が50%しかなくても、

・利食い:+30pips
・損切り:-15pips

といったように、
利食いと損切りの比率を
2:1にして20回トレードしたとしましょう。

 

この場合、
20回中10回も損切りになりますが、

・利食い:30pips x 10 = +300pips
・損切り:-15pips x 10 = -150pips

となるので、
合計で+150pipsのプラスになります。

 

このように、自分がトレードする内の
半分が損切りになったとしても、
リスクリワードさえ調整すれば、
FXで稼ぐことはできるのです。

 

だから、無理に、

「上手い損切りをしよう」

なんて考えなくても、
トータルでプラスになる手法で
ルール通りに損切りしておけば、
何ら問題はない訳です。

 

逆に、

「上手い損切りがどうしてもしたい!」

なんて固執してしまうと、
高勝率の手法を求めて
さまようことになります。

 

こうなってしまうと、
永遠の聖杯探しの旅に出て
FXに関する知識ばかりが増えてしまい、
情報過多になって
トレードが上手くいかなくなります。

 

正しい損切り位置が知りたいなら

損切りが下手であっても、
リスクリワードさえ調整すれば、
FXで稼ぐ事は可能です。

 

ただし、損切りすべき場所と
そうでない場所というのがあるのは
確かなことなので、
正しい損切り位置を知っておくのも重要です。

 

そこで、もしあなたが今現在、
損切りの位置に迷っているようであれば、
まずは以下の記事を読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!

 

自分のトレードで、
損切りすべき位置というのが
わかるきっかけになると思います。

 

まとめ

損切りというのは、
どんなトレーダーからしても
苦痛なことです。

その為、「損切り上手になりたい」
と思う人は非常に多いです。

 

だから、その苦痛を減らす為にも、
まずは自分の損切りトレードを集めて、

・どんな時に損切りになりやすいのか?
・損切り後に反転しやすいのはなぜか?

といったことをチェックしてみると、
無駄な損切りも減っていき、
損切り上手への道も開けるでしょう。