FXで安定して稼ぎ続けるには、
損切りは絶対に必要ですが、

「損切り位置がわからない」
「損切りは必要あるの?」

なんて考える人が多く、
いくら損切りが重要と言っても、
出来ない人が非常に多くいます。

 

私自身も全く同じで、
損切りをすれば戻ってくるし、
損切りをしなければ、
とことん逆行されて
大損することばかりでした。

 

しかし、
プライスアクショントレードを覚えることで、
損切りができるようになり、
トレード結果も安定するようになりました。

 

では、なぜプライスアクショントレードが
私に損切りを可能にさせたのでしょうか?

 

プライスアクションが損切りを可能にさせた理由

プライスアクショントレードが
私に損切りを可能にさせた理由に、

「なぜそこで損切りをすべきなのか?」

というのを納得させられたからです。

 

プライスアクショントレードとは、
相場参加者の心理を考えながら
トレードをする方法です。

“大衆心理を読む”
なんて言われる事も多いです。

 

よって、相場参加者の心理を
チャートの形状やローソク足から
考えてトレードすることで、

「ここを抜けたら、
買い(売り)が諦めてくる」

というのがわかるようになったので、
損切りができるようになり、
トレード結果が安定したのです。

 

例えば、下記チャート画像の
黄色マルで買った場合、
損切り場所としては、
水色ラインがセオリーです。

 

では、なぜこの位置に
損切りを置くのでしょうか?

 

この理由こそ、
プライスアクションを考えると、
はっきりとわかります。

 

まず、買いエントリーをした場面では、
上昇トレンドになっていますよね。

ということは、売りたい人よりも、
買いたい人の方が多い訳です。

 

その時に、
サポートラインまで下がってきた為、
買いを狙っていた人達が
一斉に買いで参入してきたので、
直近の高値を超えて上昇しました。

 

ということは、
このサポートライン付近で
買った人達が大勢いることになります。

 

よって、
サポートラインをレートが下抜けると、
買いポジションを持っている
多くの人達は含み損になりますよね。

 

その為、この人たちは、

「ここで損切りをしないと、
損失が大きくなってしまう!」

と判断してくるので、
一斉に損切りをしてきます。

 

更に、この損切りによって、
今まで買い目線だった人達が

「トレンドが転換した可能性が高い」

と考える為、売り目線に変わります。

 

また、これに加えて、
逆張り売りを狙っている人達も
同じ考えを持つので、
売り目線を一層強めます。

 

そうなると今度は、
仮にレートが戻ってくると、

・損切りをさせられた人達
・逆張り売りを狙っている人達

というのが、売りで参戦をしてきます。

 

更にここでは、
サポートライン付近で買って、
損切りできずに捕まった人もいます。

 

その為、この人たちは、
レートが戻ってくる事で、

「助かったー!神様ありがとう!」

という安堵の気持ちで、
プラスマイナスゼロで決済をします。

 

これによって、

・損切りをさせられた人達
・逆張り売りを狙っている人達
・建値で逃げた人達

この3つの売りパワーが入るので、
大きく下がっていくのです。

 

サポートラインを下抜けると、
このような
プライスアクションが働くので、
サポートラインを下抜けた場所で
損切りをするのがセオリーなのです。

要するに、サポートライン抜けが、
大きく下げるきっかけとなりやすいので、
そこで損切りをしておけば、
最小限の損失で済むわけです。

 

損切りできない本当の理由

FXで損切りができずに苦しんでいる人は、
もちろん、”資金を減らすのが苦痛”
という理由もあるのですが、
本当の理由としては、

「なぜ、そこで損切りすべきなのか
納得できないから」

ということが原因です。

 

要するに損切りを自分で納得して
することができていないのです。

 

例えば、損切りでなくても、
人から、

「これをやりなさい!」

なんて頭ごなしに言われても、
やる気が起きないですよね?

 

それよりも、

「〇〇な理由で××になるから、
これをやってね」

といったように、
ちゃんとした理由を説明された方が
自分で納得できるので、
やることができますよね。

 

損切りもこれと同じで、
損切りをする理由が自分で納得できないから、
損切りすべき位置を知っていたとしても、
そこで損切りができないのです。

 

だからこそ、
プライスアクションを考えながら
トレードをしていくと、
相場が上げ下げする理由がわかるので、
それに伴って、
損切りもできるようになるのです。

 

よって、損切りの極意は、
“プライスアクショントレードにあり”
とお伝えしたのです。

 

まとめ

今回は、損切りの極意は
プライスアクショントレードにある理由を
お伝えしてきました。

 

損切りはFXで稼いでいくには、
絶対に必要なことですが、
できずに苦しむ人は多いです。

その理由としては、
損切りする理由がわからないからです。

 

しかし、
プライスアクショントレードを覚えれば、
チャートから
相場参加者の心理を考えていくので、
曖昧な状態なまま
トレードをすることがなくなります。

そしてこれによって、
“損切りができない”
ということも大きく減るでしょう。

 

その為、損切りの仕方に悩んでいるなら、
プライスアクションについて
学んでみると良いと思います。

 

因みに、私のメインブログでは、
このプライスアクションに特化した
内容をお伝えしているので、
良ければ参考にしてみてください。

その際は、まずは以下の記事から
読んでみることをオススメします。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です