FXで安定した結果を残すには、
損切りが非常に重要なのですが、
中には、

損切り間に合わない

なんて悩む人もいます。

 

正直、私からすれば、
損切りが間に合わないというのが
良く分からないのですが、
昔、FXで負け続けていて
相談してきた人の中に、
このような人がいました。

 

ということで、
この時の話について
今回はしていこうと思います。

 

損切りが間に合わない理由は?

私に”損切りが間に合わない”
と相談してきたその人に、
なぜ損切りが間に合わないのかを
聞いてみたところ、

「手動で損切りをしている」

ということでした。

 

要するに、損切りするポイントは
決まっているのだけれでも、
いざそのポイントに来ると、
悔しくで損切りできずに
結局、間に合わなくなるようです。

 

このことを聞いた時に、

「まぁ、当然だろうな」

と感じました。

 

基本的に私たちは、
日常生活の中で
お金を失うことはありません。

仮に失ったとしても、
それは何か対価を得る事がほとんどです。

 

例えば、買い物なんかが良い例です。

お金を失う代わりに、
食べ物や服など、
何か手元に残る物を
手に入れていますよね。

 

しかし、FXでは、
損切りをした場合、
手元に残る物は何もありません。

単純にお金を失うだけです。

 

その為、このことが
激しい精神的苦痛を引き起こすので、
手動で損切りをしようとしても
躊躇してしまい、
損切りが間に合わなくなるのです。

 

損切りはエントリーと同時に設定すべき

損切りを手動でやろうとすると、
どうしても躊躇してしまい、
間に合わなくなることが多いです。

 

しかも、FXの場合、
突然急落や急騰をするので、
これが起きてしまうと、
一気に含み損が拡大します。

そうなると、
余計損切りが間に合わなくなり、
どんどん拡大していく含み損を
ただ眺めているだけになります。

 

そして、最後は”強制ロスカット”
なんてことになって大損するのです。

 

だから、損切りは手動ではなく、
エントリーと同時に
損切りの逆指値を入れるべきです。

 

例えば、FXには、
IFD、IFD-OCOといったように、
エントリーと同時に
損切りの逆指値を
自動で入れてくれる注文方法があります。

その為、これらを駆使して
最初から損切り設定をしておけば、
“損切りが間に合わない”
なんてことをなくせます。

 

これはFXでトレードをする上では、
基礎中の基礎なのですが、
実は出来ていない人が意外に多いです。

 

しかし、本当に損切りが間に合わない事もある

トレードをする際は、
エントリーと同時に
損切りの逆指値を入れておけば、

“損切りが間に合わない”

ということは基本的になくなります。

 

しかし実は、逆指値を入れておいても、
本当に損切りが間に合わない事もあります。

 

それが指標や暴落などで
一瞬で大きく動いた時になります。

 

例えば、雇用統計などの指標では、
指標発表の時間と同時に、
大きくドンッと動きますよね。

 

このような場合、
損切りの逆指値を入れておいても、
間に合わずに
指定したレートよりも
大きく滑って約定します。

 

なぜなら、逆指値の定義というのは、

“指定したレートに到達したら
成り行き注文を行う”

という事になっているからです。

 

その為、指標や暴落によって
一瞬で大きく動いた場合、
指定したレートに届いて
損切り注文が発動した時点で
すでに大きく離れたレートになっているので、
そこで約定してしまうのです。

 

よって、このような場合は、
本当に損切りが間に合わずに
最悪、強制ロスカットになって、
口座残高がマイナスになり、
FX業者に対して借金を背負うことになります。

 

実際に2015年のスイスショックでは、
ユーロスイスという通貨が、
わずか10分程度で4,000pipsも下落しました。

これによって、
損切りが間に合わずに大損して、
数百万~数千万円もの追証を
受けた人が続出しました。

 

しかし、実はこの追証を
避ける方法も一応あります。

これについては、
以下の記事で詳しく説明しているので、
興味がある場合は読んでみてください。
FXで損切りによる追証を防ぐ方法とは?

 

まとめ

今回は、損切りが間に合わない場合の
対処方法にお伝えしてきました。

 

「損切りが間に合わない」
という人の場合、
損切りを手動で行っている事が多いです。

しかし、この方法だと、
損を確定したくない気持ちが強くなることから、
損切りができずに
間に合わなくなる事がほとんどです。

 

ましてや、指標や暴落があった場合、
一瞬で含み損が大きくなるので、
余計、損切りができなくなります。

その為、”損切りが間に合わない”
と悩んでいる場合は、
必ず注文と同時に
損切りの逆指値を入れるようにしましょう。

 

そうすれば、
最悪の自体が起きることを
最小限に抑えることができるでしょう。

また、大きく動く指標がある場合は、
損切りの逆指値が間に合わない事もあるので、
このような時は、
ポジションを保有しないことがベストです。

 

その他、損切りの位置などに
迷っているような場合は、
以下の記事も読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!

損切りのやり方がわかると思います。