FXで安定した稼ぎをするには、

「損切りは絶対必要」

何て言われています。

 

これは資金を守る為であって、
資金さえしっかり守っておけば、
いくらでもチャンスはあるからです。

 

しかし、逆に損切り絶対にしないと、
どうなるのでしょうか?

損切りをすると、
単に資金を失うだけで
手元に残る物は何もないので、
できれば損切りはしたくないですよね。

 

そこで、私が昔、
「損切りを絶対にしない!」
と決意をしてトレードをした結果を
お伝えしていくので、
是非、反面教師にしてください(笑)

 

損切りを絶対しないとどうなるのか?

私の場合、
異常な負けず嫌いな性格のせいか、
とにかく損切りをする事が苦痛でした。

 

しかも、損切りをすると、
その場所から反転していき、
思った方向へ動くことが多かったです。

だから、そこから切れて
何度もトレードをしたり、
大ロットでリベンジトレードをしたりと、
とにかくめちゃくちゃでした。

 

だから、

「それだったら損切りは絶対しない!」

と謎の決意をして、
いざトレードに挑んでみました。

 

そして、実際にエントリー後に
逆行されても、
損切りをせずに放置し続けた結果、
色々とわかった事がありました。

 

ナンピンをしてしまう

まず、損切りをしないでいると、
当然ですがどんどん含み損が
大きくなってきますよね。

こうなると、
段々と含み損に耐えられなくなり、
ナンピンをしてしまいます。

 

ナンピンをする事で
含み損の金額は大きくなるけど、
含み損のpips数が大きく減るので、
気持ちになぜか余裕が出始めます。

そして、この変な余裕が癖になり、
更に逆行されて含み損が大きくなると、
またナンピンをしてしまいます。

 

この事を繰り返していく内に、
いつか資金が底をついて
強制ロスカットになります。

しかも、
このナンピンが癖になってしまい、
再度トレードをし直しても
損切りができなくなり、
ナンピンを繰り返すようになりました。

 

資金効率が異常に悪くなる

次に起きた現象として、
資金効率が異常に悪くなる事です。

 

ナンピンをした場合はもちろんですが、
ナンピンをせずに放置した場合でも、
レートがどんどん逆行して
含み損が大きくなると、
ただその含み損を眺めているだけで、
何もできなくなってしまいます。

もし、損切りをしておけば、
再エントリーをするなどして、
利益を取れるチャンスが
いくらでも出てくるのに、

「損切りを絶対しない」

なんて決め込んでいると、
資金が拘束された状態が
ずっと続くので、
資金効率が異常に悪くなります。

 

体の調子が悪くなる

損切りをせずに放置していると、
資金が拘束されて
何もできないのがわかっているのに、
ずっとチャートを眺めています。

 

しかも、

「どう考えても数日やそこらで
戻ってくるわけないだろ」

とわかる相場状況なのに、
寝る時間を削って
ずっと眺めているだけになります。

 

というか、含み損が気になって、
寝れないのが本当のところです。

だから、この状況が続くことで、
どんどん寝不足になっていき、
調子が悪くなっていきます。

更に、寝たとしても、
含み損が気になっているせいなのか
眠りが凄く浅くて
すぐに目が覚めちゃうんです。

 

その為、余計調子が悪くなって、
日中の仕事中とかが
辛くて仕方なかったです。

 

色んなことが手につかなくなる

損切りをせずに放置しておくと、
相場が気になってしまい、
仕事をしている時などでも、
スマホでチラチラと
チャートをチェックしてしまいます。

だから、何をするにしても
相場状況が気になってしまい
色んなことが手につかなくなり、
日常生活がおかしくなります。

 

ロスカットになるとむなしさだけが残る

散々、含み損を放置したあげく、
最後にロスカットになると、
むなしさしか残りません。

 

しかも、放置する時間が長いほど、

「俺はいったい何をやっているんだ」

なんて呆然としてしまいます。

 

そして、全てのことが嫌になり、
この世から消えたい衝動にかられます(笑)

 

「損切りは絶対しない」

なんて意地を張ってしまうと、
上記で書いたように、
精神的にも肉体的にもおかしくなります。

 

更に、仮に放置をして助かったとしても、
この間違った成功体験によって、
また同じことを繰り返してしまいます。

そして、精神と肉体が
どんどんすり減っていき、
鬱っぽくなってきます。

 

だから、損切りは必ずした方がいいです。

確かに損切りをした時は
苦痛が大きいですが、
それは一時的です。

しかも、損切りさえしておけば、
いくらでも取り返すチャンスはありますから。

 

まとめ

今回は、損切りを絶対しない事で
起きた現象について、
お伝えしてきました。

 

再度、私に起きた現象をまとめると、

・ナンピンをする
・資金効率が悪くなる
・体調が悪くなる
・色んな事が手につかなくなる
・ロスカットになるとむなしい

といったように、
悲惨なことしか待っていません(笑)

 

だから、私の意見としては、
損切りは絶対にした方がいいです。

 

しかし、そうはいっても、
損切りができないのって、

「何でそこで損切りすべきなのか?」

といったことがわからなくて、
損切りができない事がほとんどです。

 

ということは、理論的に考えると、
この事がわかれば
損切りができるようになるわけです。

そこで、損切りをすべき場所と
その理由について記事を書いたので、
良ければ読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!