FXでデイトレをする場合、
損切り割合ってどうすればいいのか、
気になると思います。

 

損切りが小さすぎると
損切り貧乏になる可能性が高くなるし、
逆に大きくし過ぎると
トータルの収益が悪くなります。

その為、損切りの割合は
以外に迷うことが多いんですよね。

 

もし、私の場合で良ければ、
損切りの割合をお伝えしていくので、
以下の本文も読んでみてください。

 

デイトレの損切りと利益の割合

私個人の考えとしては、
損切りの割合というのは、

“利益が2以上で損切りが1”

というのが理想です。

 

特に15分足ぐらいの
短期のデイトレであれば、
利益:2、損切り:1、
つまりリスクリワードが1:2
というのが一番トレードしやすいです。

 

なぜなら、このぐらいの割合なら、
勝率が50%でも、
トータルでプラスになるからです。

 

例えば、デイトレで、

・利食い:+30pips
・損切り:-15pips

と設定しているとしましょう。

 

そして、勝率50%で
月に20回デイトレをしたとすると、
単純計算で
20戦10勝10敗になりますよね。

 

ということは、

・利食い:+30pips x 10 = 300pips
・損切り:-15pips x 10 = -150pips

となるので、
合計で月間+150pipsになります。

 

これがもし勝率60%なら、
合計で+240pipsになりますからね。

月間これぐらい安定して取れれば、
あとは枚数を上げれば、
FXで稼ぐことができますからね。

 

それにデイトレであれば、
勝率50~60%というのは、
かなり簡単に達成できます。

 

リスクリワード1:2は精神的にも良い

更にリスクリワードが2:1になると、
実は精神的にも良かったりします。

 

なぜなら、損切りと利益の割合が
1:2以上あると、
勝率50%でトータルプラスになります。

 

これによって、

「勝率50%でも十分」

という気持ちが働くので、
精神的に余裕をもって
トレードをすることができます。

 

これが勝率80%とかになると、

「負けられない」

という気持ちが強くなるので、
すぐに利食いをしてしまったり、
損切りに躊躇しやすくなったりして
逆にトータルの結果が悪くなる事があります。

 

しかも、仮に連敗なんてしたら、

「これ以上負けられない」
「すぐに取り返さなくては」

なんて気持ちが強くなって
ルール以外のトレードをして
手法の優位性を崩す原因になります。

 

そうなると、更に負けやすくなり、
実際に損切りになると悔しさから、

・リベンジトレード
・ポジポジ病

といったことが起きてしまい、
資金を大きく失うだけでなく、
これらの事が癖になってしまい、
FXでの成功から遠ざかる事になります。

 

実際に私自身も昔、
勝率を求めるあまり、
損切りと利益の割合が悪くなりました。

しかも、ポジポジ病や
リベンジトレードもするようになり、
それが癖になってしまい、
結局FXで結果を出せるようになるまでに
5年以上の時間が掛かってしまいました。

 

だから、損切りと利益の割合を
1:2以上ぐらいにしておいた方が
安定したトレードをしやすくなるのです。

 

損切りと利益の割合は時間軸でも変えられる

デイトレの場合、
15分足ぐらいの短期のデイトレや、
1時間足以上の少し長めのデイトレなど、
いくつかの時間軸があります。

 

そして、損切りと利益の割合は、
時間軸が大きくなるほど、
良くする事ができます。

 

なぜなら、
例えば1時間足以上のデイトレになると、
値幅が大きくなるので、
その分、利益も大きく取れるからです。

 

もちろん、
損切り幅も大きくなりますが、
1時間足以上のデイトレだと、

・利食い:+100~+200pips
・損切り:-30~-50pips

といった割合が十分可能なので、
“リスクリワードが1:3~5”
という事もできます。

 

因みに、リスクリワードを
このぐらいの割合にすると、
勝率が30%でも
トータルプラスになるので、
トレードとしてはかなり簡単になります。

まぁ、それでも実際に勝率30%だと、
連敗することが普通なので、
この連敗によるストレスが意外にあります。

 

だから、こう考えると、
損切りと利食いの割合を
1:2ぐらいにして、
勝率50%ぐらいを目指すのが
デイトレとしては一番楽でしょう。

 

まとめ

今回は私が考える、
FXでのデイトレにおける
損切りと利食いの割合について
お話をしてきました。

 

基本的にFXの場合、
時間軸が大きくなるほど、
リスクリワードをよくできます。

その為、デイトレという
トレードスタイルは、
一番精神的に余裕をもって
トレードができると考えています。

 

もちろん、ロット数が
100万通貨など大きくなってくると、
多少リスクリワードが悪くなっても
稼ぐことはできます。

ただ、そこに到達するまでに
“損切りは小さく、利食いは大きく”
という癖をつけておくと
無理をする必要がなくなるので、
とにかく楽になります。

 

その他、損切りをすべき場所について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!