FXで安定して稼ぎ続けるには、
損切りは絶対必要ですが、

指値成行ではどっちが良いの?」

なんて思う事があるかもしれません。

 

そこで今回は、
損切りは指値と成行では、
どっちが良いのかについて、
私の考えをお伝えしていきます。

 

損切りは指値?それとも成行?

損切りをする際に指値なのか、
それとも成行なのかについてですが、
私の個人的な意見としては、
絶対に指値を使った方が良いです。

つまり、エントリー後すぐに
逆指値注文を入れることです。

 

もちろん、損切りを指値でして、
実際に指値に掛かった後に反転すると、

「成行ですべきだったかなー」

なんて後悔することもありますが、
それでも損切りは指値を使った方が良いです。

 

なぜなら、人間というのは、
損をすること、
特にお金を失う事に対して
物凄い苦痛を伴うからです。

 

その為、

「ここまで来たら成行で損切りをする」

と決めておいても、
いざその場所までレートが来ると、

「ここから反転するかも」
「もう少し様子を見るか」

なんて自分の都合の良い解釈をして
損切りをせずに放置します。

 

更にここから逆行されて
含み損が大きくなると、

「こんな大きな金額は失いたくない」

といったように考えてしまい、
益々、損切りができなくなります。

 

そして結局、そのまま放置し続けて、
レートが戻ってくるか、
強制ロスカットをされるまで
待ち続けることになるのです。

 

一方で、損切りを逆指値にしておけば、
問答無用で損切りをしてくれるので、
損切りされた瞬間は悔しいですが、
損失額は最小限に抑えられます。

仮に損切りの逆指値に掛かった後に
反転したような場合は、
もう1度入り直しをすれば良いだけです。

 

もし、入り直した後に
再度損切りになったとしても、
放置して強制ロスカットになるよりは
遥かにマシですから。

 

成行損切りは悪い癖がつくことも?

成行で損切りをすると、
いざ損切りポイントにレートが来ると、
悔しさから損切りできない事が多くなります。

 

しかも、最悪なことに、

・ナンピン
・ポジポジ病
・リベンジトレード

といった悪い癖がつくこともあります。

 

なぜなら、成行損切りにすると、
損切りができなくなり、
そのまま放置をする可能性が高くなります。

そして、更に含み損が増えると、
約定レートを下げる為に
ナンピンをし始めます。

 

もし、これによって助かって
利食いなんて事ができてしまうと、

「損切りしなくても、
ナンピンすれば助かるんだ!」

なんて思いこんでしまい、
間違った成功体験をしてしまいます。

 

こうなると、次のトレードから
損切りの逆指値を入れずに
逆行されても放置をして
ナンピンをしてしまい、
それがどんどん癖になっていきます。

 

そうなると、ナンピン後に逆行されると、
更にナンピンするようになっていき、
どんどん含み損が大きくなっていきます。

そして最後は資金が足りなくなり、
強制ロスカットになってしまうのです。

 

更にこのナンピンによる
強制ロスカットによって、
その損失を取り返そうと入金をして、
今度はいつもの倍以上のロットで
リベンジトレードをします。

 

しかし、このような時は
何をやっても上手くいかなくなるので、
リベンジトレードも失敗に終わります。

リベンジトレードも失敗すると、
余計意地になってしまい、
とにかくエントリーをしまくるので、
今度はポジポジ病が発生します。

 

こんな感じで、
損切りを成行きにすると、

・ナンピン
・リベンジトレード
・ポジポジ病

といった事が癖になり、
FXで結果を出すのに
遠回りする事になるのです。

 

実際に私自身も、FXを始めた頃は
損切りを逆指値にせずに、
成行でしていました。

その為、同じことが起きて、
これらの事が癖となり、
結局、FXで稼げるようになるまでに、
1,000万円の損失と、
5年以上の時間を費やしました。

 

だから、損切りに関しては、
絶対に逆指値を使った方が良いです。

 

FX上級者でも損切りは逆指値を使う

因みに、FXで稼げる上級者でも、
常に損切りは逆指値を使います。

 

厳密には使うというよりも、
最悪の事態を防ぐ為に、
“逆指値を入れておく”
という表現が正しいです。

FXの場合、
要人発言やニュースによって、
突然急落や急騰をするので、
それに備えて、
逆指値も入れておくのです。

 

ただ、FX上級者の場合、
逆指値を入れておいても、
ダメだと思ったら
成行で損切りをすることが多いです。

よって、成行で損切りをするにしても、
すぐに損切りできる決断力がないと、
損を大きくする事の方が多いです。

 

まとめ

損切りをする場合、成行ではなく、
逆指値を使った方が良いです。

仮に成行きで損切りをするにしても、
急騰や急落に備えて、
逆指値は入れておいた方が良いです。

 

特にFXで結果を出せるような
トレード技術がない場合は、

「損をしたくない」

という欲望に負けて
成行で損切りが
できなくなる事の方が多いです。

 

よって、損切りをする際は、
なるべく逆指値を使うようにしましょう。

 

もし、損切りの逆指値を
入れる場所がわからないような場合は、
損切りを設定すべき場所について
解説した記事も書いたので、
良ければ読んでみてください。
損切りの極意はプライスアクショントレードにあり!